年末商戦にも影響するのかぁ

面白いなぁって思ったのが、年末商戦に選挙が関わっているらしいです。不思議なんですけど、年末の選挙になると、汚職とか贈答の問題の関係で飲食系の予約とか少なくなるらしいです。

ということは、普通の人には関係ないと思うけどって思ってしまいました。ニュースによって予約が減るとなれば、マスメディアがすごいんだなって思ってしまいます。

それにしても、百貨店とかでも売り上げが減るかもって落ち込んでいるらしいですね。なんかこんなことで盛り上がれるのは日本だけのような気がしちゃいます。贈り物が減るっていうのとか、結果が気になります。

やっぱり私飽きっぽいみたい

もう冬だから、確か毛糸が会ったしその毛糸で可愛い腹巻きでも編もうかなって、しばらく使ってなかった手芸カゴをあけたら、編みかけの作品を発見。しかも、どう見ても腹巻きっぽい。

忘れてたけれど、去年の今頃にも同じこと考えて編み物はじめて、多分途中で飽きたんだろうなあ。
編みかけの腹巻きのしたから、更に別の編みかけのものも出てきたんだけど、こっちに関しては、何を編もうとしてたのかさっぱり。

何を編もうとしてたのかを思い出すより、解いたほうが早そうだったから解いたけれど、この編みたいと思っても最後まで編まないくせ、いい加減にしないとなあ。

ピンク色のポンセチア

いよいよ、もうすぐクリスマス!
街を歩けばクリスマスソングがかかり、気分も高まります。
クリスマスの街を彩る、お馴染みの赤いポンセチア。

今年、初めてみかけたのはピンク色をしたポインセチアです。
調べてみると、ポインセチアって赤い色をしたものばかりかと思っていましたが、
ピンクの他にも、ピンク・ベージュやパールホワイト、パープルだったり、色がマーブル状に混じっているものもあったりして、定番の赤色以外にも色々とバリエーションがあるんだなぁと思いました。

見ていると暖かい気持ちになれる、ポインセチア。
クリスマスの贈り物にも喜ばれそうですね。

一年の締めくくり

先週までは、とても穏やかな週でしたが来週は予定が立て込み始めてくるので、体調などを万全にしておく必要があります。

色々と時間のあるうちにやっておきたいこともあったのですが、なかなかそういったことへエネルギーを向ける余裕もなくあっという間に師走に突入してしまいそうです。

とはいえ、早めに一年を締めくくる準備にはとりかかっているので、できるだけ穏やかな年の瀬になったらいいなと考えています。そして、来年も年が明けたらそうそうに趣味の山登りをはじめられたらと今から考えています。大抵低い山でも12月中には一度雪が冬のですが。

短小は男の自信をなくすから早めの対策を

日本人の平均ペニス長は、12センチか13センチと言われています。男性同士、それほど気になるわけではありませんが、風呂とかで大きいと話題になります。大きすぎると、ズボンを履いた時に大変だとは思います。

一方、自分は、10センチ未満なので、小さい部類に入ります。男友達に小さいなと言われたことはないですが、やはり、Hをする時に気になってしまいます。はっきり言って、短小です。H自体は、上手な方だと思っています。愛撫をして、かなり濡れさせる事が出来ます。Gスポットを責めるのも得意であり、それだけでいかせた事もあります。しかし、肝心の行為において、女性側が満足しないケースがあるのです。

人によって違いますから、膣が浅い人やしまりがいい人は、それなりに感じてくれるようです。

しかし、奥が深い人は、全然感じてくれません。だからといって、何か言われる事はありませんが、男としての自信を無くしてしまいます。それこそフィンガーテクニックを使うしかなくなります。出来る事なら、ペニスの平均長に自分もなりたいものです。

絶対に人には言えない悩み。自分では解決できない短小なこと。

情けない気持ちを通り越して、人づきあいがうまくできなくなっています。他人には絶対に言えない悩みです。他人にもし知られたら、どうしていいのか想像もつきません。こんな悩みは、本人以外に誰がわかってくれることでしょうか。聞いてもらっても、何の解決にも役立つことはないし、知られることで、こちらの心の傷は一気に広がるだけで、改善の道は見えなくなってしまうだけです。

どんなに深刻な悩みであるかなんて、他人はどうでもいいこと、関係ないことで、さらには、からかわれるだけなのです。子供のときから味わっている恥ずかしいことなので、金輪際、他人には相談する気になりません。

短小だということです。私の生きている間にちょっとでも、この悩みから離れられたら、どんなにいいことでしょう。自分でも悲しくなって、心が晴れたことなんて、一度もないのです。

こんな思いをしている男の人は、きっとだこかにいるのではないかとも思いますが、そんなことは、知る由もありません。だから病院にいけばいいとは思うのですが、相談したところで、割り切って生きていけというくらいのものに決まっています。

病気ではんいから、心配するなといわれるだけに決まっているのです。病院にわざわざ、恥ずかしい思いをしてまで、出かけるつもりは全くないのです。悩んでいるだけしかないのかもしれません。よく雑誌の広告のページなどで、短小が改善するとか、増大できるとか書いてあります。

でも、それは本当なのでしょうか。試してこないとわからないとは思っていますが、不安のほうが咲きに立ってしまいます。本当にそうなるのなら、どんなに幸せなことかと想像するのですが、そんな甘い話なら、どこにもこんなにやな無男の人はいないと言っていいくらいです>。簡単には信じられないのです。相談すれば、大丈夫だといわれるに決まっています。宣伝を前夫信じるなんてちょっとかんがえられないからです。

ただし、包茎手術を受けたことがあるという成功した体験を持っている友人は一人だけですが、います。その人は、信じていいといいます。ここにも、私の迷いのひとつがあるのです。

いきなりその相談を受けるほとでには勇気がないので、何かヒントになることとか、小さな情報でもあれば、信じてみてもいいかなとは考えています。希望をまっく捨ててしまうのも、いやなのです。何とか、立派でなくても、普通のサイズになれる方法がないか、考えているところです。早く手術でも何でも試して、普通に女のひととセックスも味わってみたいのです。

そこで増大サプリを試したい。効果とリスクは?

包茎・短小・増大術・長茎手術をおこない自分の見た目をよくしたいという願望はある。世の中の平均よりも少し小さいと感じるし・・・。

しかし手術おこなうことには不安がある。果たして、手術がうまくいくのかどうかである。また手術後の見た目は満足のいくものなのかということである。見た目を気にして手術を受ける場合、やはり手術後の状態がどのようなものになるのかは非常に気になるところである。リスクを知り、リスクに納得ができたならば手術という決断もみえてくる。

増大サプリはどうだろうか。もちろん興味がある。直接的な手術ではないので敷居は低いように感じる。
例えば、人気のサプリでもあるヴィトックスαというサプリだ。
出典:ヴィトックスαに副作用はある?効果は本当にある?

しかし、サプリも不安点はある。副作用はないのだろうか。簡単に増大するのであろうか。サプリにはどれほどの効果があり、そしてもし副作用があるとしたらどのようなものなのか、専門家の意見をきいてみたい。

専門家の意見きき、安心して自分の悩みを解決できるようになると大変ありがたい。